Site Overlay

酵素って何?こうじとはどんな関係があるの?


酵素とはどういったものか

酵素は消化酵素や代謝酵素などを指す言葉です。それぞれの酵素には役割があり、人間の体の中でもたくさん活躍しています。消化酵素は消化に関わる酵素となっていて、でんぷんを分解するアミラーゼも酵素の一種です。代謝酵素はその名前の通り、代謝を司る酵素となっています。代謝酵素がたくさん生成されていると代謝力の高い体になります。このように酵素は生物の体を支える重要な役割を持つ物質として、日々貢献を続けています。しかし、酵素の量は人それぞれ大きく異なります。酵素が不足すると体調不良に陥る可能性もあるので、必要に応じて摂取することが重要となっています。酵素は色々な食材に入っていますが熱に弱いので、加熱調理しない果物や野菜などを食べるとその恩恵を受けやすくなります。

酵素とこうじの関係性

こうじとは、穀物にコウジカビなどの微生物を繁殖させたものとなっています。様々な料理に使用できるので、使ったことがある方も多いかもしれません。こうじの中ではコウジカビがでんぷんやたんぱく質などを分解する多様酵素を生産しています。つまり、こうじの中には酵素がたくさん入っているということです。こうじは酵素不足を解消してくれる調味料といえるでしょう。こうじを食事に取り入れることにより、体の中に酵素がたくさん増えると代謝酵素の生成量が増えることがあります。代謝酵素が増えると運動効率が上がったり、体調の改善が出来たりといったことが期待できます。酵素を多く含むこうじは健康にも役立つ調味料といえるでしょう。

こうじの酵素には、植物の栄養を分解して消化や吸収を高める働きがあります。ビタミンを生成したり消化をサポートしたりする働きがあることから、美容や健康に良いと注目が集まっています。